ninjinkun's diary

ninjinkunの日記

よく行く映画館

東京は映画館の選択肢が多い。

映写機トラブル

最近濱口竜介監督にハマっているので、土曜日に下北沢のミニシアターK2に「永遠に君を愛す」と「The Depth」を観に行った。そのThe Depthの上映中、劇中で主人公が写真の暗室に入るところでブツっとスクリーンが真っ暗になり、静寂が訪れた。さすが濱口監督、斬新な演出。

そのままみんな3分くらい黙っていたのだが、やがてこれは演出ではなくトラブルであることに気づく。誰かがスタッフに声をかけ、謝罪のアナウンスの後に上映が再開された。

しかしその後上映時間が残り20分になりストーリーが佳境に入ったところでまた暗転。今度はすぐにスタッフへの報告も行われたが、なんと映写機のトラブルが復旧できないので上映中止とのこと。ここまで1時間40分観て、最後がどうなるのかわからないまま放り出されてしまった。劇場の対応は払い戻し+クーポン進呈という手厚いものだったので全く不満はないのだが(というか劇場が気の毒である)、またこれの続きを見るためだけに1時間40分を費やすのか…という微妙なやるせなさが残った。行くけど。

映写機トラブルは一昨年「テネット」を池袋のグランドシネマサンシャインで観た際にも経験した。スクリーンの右半分が真っ黒のまま映画が始まって「さすがノーラン、斬新な演出」と思って7、8分くらい観ていたらスタッフから謝罪のアナウンスが入って、トラブルだったことがわかった(池袋のIMAXはプロジェクターを2つ使うので片方がトラブっていた)。字幕も半分に切れていてとても見づらく、おいおい日本の観客に優しくないな!と心の中で毒づいていたりしたのだが、申し訳なかった。

どちらのケースでも観客みんなが演出だと思い込んで大人しく待っていたのがおかしい。音楽がそのまま流れていると結構それっぽく見えてしまう。

guzen-sozo.incline.life

英会話個人レッスンログ

ここ数回取り組んでいるお題は、我が家のLGのテレビをTV CM風に喋って人に薦めるというもの。このレッスンは、プレゼンテーション等で自分の主観を人に伝えるために客観的な説明への変換を練習するのが目的だ。物事を客観的に説明するには、目的語に対するis/has/doesを語ることが重要になる。このために、スプレッドシートにis/has/doesに対応するHDMI2.1, Dolby Vision, stream Netflixなどのスペックを書き出して、それを元にCM風の文を組み立ていく。

HAS (PARTS) Technical (DOES) How it relates to me/you
4 HDMI 2.1 + HDCP 2.2 Ports can handle 4K input at 120fps. connect my PS5, Nintendo Switch, Apple TV/Dobly Vision (HDR)
1 Optical Out Port can send Dolby 5.1 surround sound output. can send 192hz/24bit hi-res audio. connect my digital amp
1 Terrestrial Antenna Port watch terresttrial TV shows
1 BS Antenna Port watch BS TV shows
3 USB A 2.0 2TB*3 750 Hours save/store TV shows to external hard drives/time-shift
LAN/WiFi 1Gbits per second stream on-demand TV (Netflix, Hulu, Amazon Prime, Disney+, Apple TV +, Twitch, YouTube)

前回はHDMI2.1ポートをアピールする回だったので

- Do you want to play your PS5 games or Xbox series X games at 4K?
- The LG 48CXPJA TV can handle 4K input at 120fps through each HDMI 2.1 port

という文を作って録音した。

今回は各種ストリーミングサービスに対応していることをアピールするために

- Do you want to enjoy on-demand TV such as Netflix, Amazon Prime Video and YouTube in 4K HDR? 
- If so, you should pick up an LG OLED 48CXPJA TV.
- Why? 
- Because the LG OLED 48cxPJA gen3 image engine can render Dolby Vision and HDR10 data streams.

という文を作って録音した。

日本語話者からするといきなり細かいスペックの話をしているように感じるが、英語ではできるだけ具体的な名詞や数字を織り交ぜて説明するのが鍵とのこと。この具体的な名詞を想起するのが毎回難しく、今のところは製品のWebページを見ながらis/has/does表を作っている。先生は常に頭の中にこの表がある状態で喋っているらしい。

毎回レッスンをしていると、英語話者(先生)と日本語話者(自分)でそもそも物を見る視点や解像度が違うことに驚く。僕も頭の中にも表が浮かぶようになりたいが、慣れ親しんだ日本語話者の視点を改造するのはなかなか難しい。

Intel MacBook Proが遅くなってきたら内部清掃が効く

仕事でMacBook Pro (Intel 16-inch, 2019)を使っているのだが、この数ヶ月やたら遅くなってきて困っていた。試しにHotを入れて監視してみたところ、ビデオ会議中にサーマルスロットリングが働いてCPUのクロックが40%くらいまで下がっていたので、これは何か対策しないといけないと思い始めた。M1マシンに変えられればベストだが、購入した同僚が環境構築にハマりまくっていたのを見ているので、買い替えは躊躇する。このマシンも購入直後は問題なく使えていたはずなので、何かしらの変化があったのだろうと思い、内部の冷却に問題があることを疑い始めた。

早速どのご家庭にもある星形ドライバー1.2mmを引っ張り出し、裏蓋を外す。案の定埃が溜まっていたのでエアダスターで吹き飛ばしたところ、MBPは完全に復活した。今は快適な使い心地で、サーマルスロットリングも滅多に効かなくなった。

Intel MBP 15, 16はファンを2つ搭載しているし、CPUとディスクリートGPUもあるしで排熱にシビアなマシンだと思う。一年くらい使ったら清掃するのが良いのかもしれない。自分のマシンはすでにメーカー保証が切れていたので気にしなかったが、もしかしたら分解時に保証が切れるかもしれないので要確認。

ハウス・オブ・グッチを観た

リドリー・スコットの最新作、「ハウス・オブ・グッチ」を土曜に新宿ピカデリーで妻と観てきた。家族経営だったグッチ家が崩壊して経営から退くまでを描いている作品である。自分の感想としてはヒューマンドラマとサスペンスのどちらに比重があるのかよく分からず、いまいち乗り切れなかった。リドリー・スコットだというので期待値が高すぎたのかもしれない。

主人公のアダム・ドライバーはティアドロップのメガネとスーツがめちゃくちゃハマっていて最高。足にバンドをしてスーツのまま自転車にまたがるシーンで「グッチの経営者も普段使いで自転車乗るんだ!」という謎の驚きがあった。レディ・ガガはハマっていたのか正直よくわからないが、逃亡先のスイスで夫にちょっかいを出してくる女性に全身赤色のスキーウェアで脅迫めいた忠告するシーンがやたら迫力があって良かった。

まとめると、好きなシーンはいっぱいあるけれど、全体としてのまとまりは?という感じだった。

雪の新宿御苑

昨日は雪だったので、昼休みに新宿御苑で写真を撮ってきた。水墨画のような写真が撮れたので、USの同僚たちにも自慢できて満足。 f:id:ninjinkun:20220106160738j:plain f:id:ninjinkun:20220106161532j:plain f:id:ninjinkun:20220106160120j:plain f:id:ninjinkun:20220106160317j:plain f:id:ninjinkun:20220106161716j:plain しかしiPhoneの写真基本的には綺麗だけど、ホワイトバランスは時々外している。

今年劇場で観た映画

去年までそんなに熱心に映画を見る方ではなかったのだが、緊急事態宣言下でもできる娯楽を探したところ、行き着いたのが映画館だった。最近ライムスター宇多丸アフター6ジャンクションを聴くようになって、番組内の映画評に刺激されたのも大きい。結果としてほぼ毎週何かを観に行っていた。

遊びで自分的トップ10を選んでみたが、何を入れるか結構難しい。感想を書くのが苦手なので、来年はその辺りも克服したい。あとにわか映画ファンとして映画の話をしたいので、誰か話しましょう。

トップ10

トップ10には入らないけど好き

特に話すことがない

いくつか試してみたがMervel系は全く肌に合わないことがわかった。

Apple TV + Spatial Audioが良い

Apple TVに載っているtvOSがtvOS 15にバージョンアップしてSpatial Audioが導入された。AirPods ProでDolby Atmosなどの空間サラウンドを実現する機能だが、iPhoneiPadよりもApple TVで使ってみるとインパクトがより大きい。4Kテレビで映画を観ながら使うと、没入感が強くかなり映画館に近い体験になる。一時期はAtmos対応サウンドバーの購入を検討していたが、集合住宅では夜中に大音量は流せないし、自分は家でも一人で映画を観ることが多いので、このSpatial Audioで完全に満足してしまった。

映画館で聞こえた会話

映画「ドライブ・マイ・カー」を観た後、30~40代くらいのカップルの会話が後ろから聞こえてきた。

女性「見る必要なかったね」
男性「えっ⁉︎俺そんな低評価じゃないんだけど…」
以下、男性の必死の擁護が続く

それぐらい意見が分かれる映画の方が一緒に見る価値あるよなーと思った。ちなみに自分はこの映画2回目である。

Cyberpunk 2077トロコン

昨年12月の発売日に買ったCyberpunk 2077PS4/PS5で遊び続け、ついに全てのトロフィーをコンプリートした。合計200時間以上プレイし続けたらしい。頻発するクラッシュのおかげで悪名高くなってしまったこのゲームだが、PS4からPS5に移ってからはかなり快適で、3時間に1回くらいしかクラッシュしなくなった(飼い慣らされている)。エンドロールでクラッシュしたのはさすがに苦笑したけど…。

敵の倒し方一つとっても電脳戦、肉弾戦、スナイパー、ステルスとさまざまな選択肢があり、たまに普段やらない倒し方を試したりして割と長い間楽しめた。自分はクイックハック主体の電脳戦セットアップだったが、トロフィー獲得のために「予備心臓」というアイテムを装備する必要があり、このアイテムが要求する肉体パラメーターを終盤に上げまくって最終的にはアンバランスなマッチョが出来上がった。

f:id:ninjinkun:20210818150221j:plain
クイックハック20、肉体16

メインストーリーはボリュームもあって楽しかった。ブレインダンスの演出も良い。サブクエストは当たり外れがあったが、次期市長候補の政治家から仕事を受けたら、実は彼が野良AIに操られていたというブラックミラー的なクエストが一番面白かった。

f:id:ninjinkun:20210818150530j:plain
神社風アジトにカチコミかけるの図

しかし全トロフィーを取るまでやり込んだのは蛇足だった。自分はサブクエストを全部やらなくてはと思い込む傾向があり、今回も全てのサブクエストをこなした後で、ここまでやったらトロフィーも全部集めるか…と最後は消化試合のように進めてしまった。自分は最近までオープンワールドゲームに馴染みがなく、ゼルダBoW、Death Stranding、Ghost of Tsushimaとやってきてこれが4作目だったのだが、流石に時間がかかりすぎるのでしばらくオープンワールド系からは離れる予定。

何にせよ初期リリース時のバグのおかげで汚名を被った作品になってしまったが、今はPCかPS5と最新パッチがあれば問題なく遊べるし、世界観とマップの密度だけでも体験する価値があると思う。未プレイの人は年末に来るPS5のネイティブ対応が入ったあたりで購入してみると良いかもしれない。サイバーチンピラになって街を駆け抜けよう。

スクショ

f:id:ninjinkun:20210818150619j:plain
街の密度の高さはテンション上がる

f:id:ninjinkun:20210818172606j:plain
クラブでテンション爆上げ

f:id:ninjinkun:20210818150656j:plain
日本から来たアイドルを脅すの図

f:id:ninjinkun:20210818172108j:plain
一番ひどかったグリッチ。このまま動ける