読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ninjinkun's diary

ninjinkunの日記

ゾンビの夢

夢日記

定期的にゾンビの夢を見ます。自分は怖いものが苦手な方で、ゾンビが特に無理です。バイオハザードも犬が飛び出してくるあたりでギブアップしました。

そんな自分ですが、半年に二回くらいはゾンビの夢を見ます。寝起きは最悪です。

たいていは周囲の人がゾンビ化した中で自分だけ生き残ってしまって、必死で脱出を図るという流れが多いです。誰も助けてくれない、親しい人がゾンビとして襲ってくるという恐怖はかなりのものです。

今朝もゾンビの夢を見たので、書き留めてみます。ちなみにゾンビはたいてい典型的な緑色もしくは紫色をしています。

今朝見たゾンビの夢

ゾンビが発生しているというニュースが流れる。自分が住んでいる町ではないところなので安堵するが、住民が逃げ惑う姿や、皆が逃げようとして渋滞が起こる映像を見て心を痛める。人が押し合いながら逃げて行き、つっかえて後ろの人が片っ端からゾンビ化する。絶望感が伝わってくる。

数日後、自分の町にもゾンビが来るという噂が流れる。テレビでも取り上げられ始めたので、どうやら本当のように見える。自分の住んでいる町は山の中の県道沿いにあり、ゾンビが来たら入り口の橋以外から逃げることができない。町の雰囲気はなんとなく和歌山県の山間の集落に似ている。

ゾンビが来ると言われている当日、とりあえず友達の運転する車に乗って町から出る。近場の観光地を冷やかしたり、飲食店でご飯を食べたりしながらゾンビのことを噂し合う。まだゾンビが来る気配はないが、周囲の空気がなんとなくおかしい。皆ゾンビにおびえながら、少し期待している節がある。

突然ゾンビのように手足をだらんとさせて、周りを威嚇する人が現れた。弾かれたように走って、飲食店の裏の窓から逃げた。車のところまで戻ると友達が既に乗車していた。どうやら客の一人がふざけてゾンビのまねをしていただけらしい。ほっと胸を撫で下ろす。

日も暮れかけなので、とりあえず町へ戻ろうとする。しかし町の入り口にはテレビで見た様な大渋滞が起こっている。県道の向かい車線には、逃げ惑う人々や、普通に歩いている人々などがいる。

事態を確かめようと近づくと、行列の一番後ろに進行しつつあるゾンビの姿が見えて、恐怖が募る。しかしゾンビの周囲の人たちはどちらかというと物見遊山だ。ゾンビと一緒に町の方へ歩いてく人たちや、ゾンビに抱きついて写真を撮る人までいる。よく見ると彼らのうちの数人は既にゾンビ化してしまっているようだが、度胸試しなのか野次馬根性なのか、周囲のひとたちはゾンビから離れようとしない。

なんだこれは、と唖然としているところで目が覚めた。

ZombiU(ゾンビU)

ZombiU(ゾンビU)