読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ninjinkun's diary

ninjinkunの日記

スマートフォンアプリ開発における共創的な開発チーム

先日、一休.comを運営する株式会社一休の社内テックトークで『スマートフォンアプリ開発における共創的な開発チーム』というタイトルでお話しさせていただいた。元々、ずっと考えてきたエンジニアとデザイナーのコラボレーションというテーマを言語化してみたいと思っていたのだが、そこに丁度Fablicでの現場の体験を話して欲しいという依頼があったので、絡めた内容でスライドを作った。

しかしこの言語化する作業が想像以上に大変で、週末を二回潰して準備をした。結局今まで勉強したポインタになる書籍を紹介することで、なんとなくバックグラウンドについては察してもらうというスタイルになった。

タイトルも迷って何パターンか書いてみたのだが、最終的には「共創的」という耳慣れない言葉を採用した。本当は「Collavorativeな開発チームでのアプリエンジニアの役割」とかの方が言いたいことに近い気もするが、これはこれで何だかわからないので見送った。

Fablicで使っている手法について紹介したが、自分が入社する前からあったものもあるし、自分が関わって開発したものもある。これらは当然ながらFablicの開発チーム全員の成果であることを強調しておきたい。

とりあえず、現時点で勉強してきたこと、実践してきたことが詰め込まれた発表になったと思う。良い機会を頂いた一休の皆さんに感謝したい。

結構がんばって資料を作ったので、YAPC::Asia Hachioji 2016mid in Shinagawa(飛び入り予定)やpmjp.slack.comオフ会#4でもこの話をしようかと思っています。