読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ninjinkun's diary

ninjinkunの日記

外国語を喋るときに感じるもどかしさについて

先週会社見学に来られた筑波大付属駒場高校の人たちにid:nagayamaさんが言った一言。英語を勉強しておくといいよ、という文脈で出た言葉。あまり文句はきちんと覚えていないのだけれど、たぶんこういう趣旨のことを行っていたと思う。

「外国人を相手にして、英語を聞いて相手の意図をくみ取るのは言うほど難しくはないから、そんなに問題じゃないんですよ。でも、英語をしゃべれないと、相手に何かを与えることはできない。それがすごくもどかしく感じるんですよ」

僕が外国に行ってその国の人とコミュニケーションを取ったときに感じるもどかしさは、これで全て説明できる気がする。そのフラストレーションや気恥ずかしさを取っ払って交流してしまう方が良い、というのはわかる。だけど、その壁をまだ越えることができずにいる。